TOP > Biography

| バイオグラフィー (1933〜) |

Sadao Watanabe 渡辺貞夫 SADAO WATANABE
(Alto Saxophone,Sopranino Saxophone, Flute)
1933年、栃木県生まれ。高校卒業後、上京。アルトサックス・プレイヤーとして数多くのバンドのセッションを経て、1962年米国ボストンのバークリー音楽院に留学。
日本を代表するトップミュージシャンとしてジャズの枠に留まらない独自の音楽性で世界を舞台に活躍。写真家としての才能も認められ6冊の写真集を出版。2005年愛知万博では政府出展事業の総合監督を務め、音楽を通して世界平和のメッセージを提唱。
1933年 1933 栃木県、宇都宮に生まれる
1948年 映画「ブルースの誕生」を観てクラリネットを始める
1951年 1951 高校卒業後上京、アルトサックスに変更し本格的に音楽活動を始める
1953年 - 1960年 1953- 秋吉敏子「コージーカルテット」、ジョージ川口「ビッグ・フォー」等のバンドに参加。ジャズ界の若手ホープと期待される
1961年 初リーダー・アルバム『渡辺貞夫』を発表
1962年 1962 米国ボストン・バークリー音楽院に入学以後、チコ・ハミルトン、ゲイリー・マクファーランドを始めとする数多くのバンドに参加。ブラジル音楽に目覚める
1965年 1965 日本へ帰国。精力的な演奏活動を開始すると共に、日本のミュージシャンにジャズ理論を伝授
1967年 『ジャズ&ボッサ』を発表、ボサノバ・ブームを巻き起こす
1968年 - 1971年 1968- 自己のバンドを率いて、モントルー及びニューポートのジャズ・フェスティバル等海外でも活躍。海外のミュージシャンとのアルバム制作にも励む
1972年 初めてのケニア旅行。FMラジオ番組『渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ』を開始、以後19年間続く。モーツァルト「ディベルトメント」にサックスで挑戦。京都交響楽団と共演
1973年 - 1977年 1973- アフリカのリズムに影響を受けたアルバム制作や演奏会を行う
1973年 12月 大阪文化賞 受賞
1977年 昭和51年度(第31回)芸術祭大賞 受賞
第2回 南里文雄賞 受賞
1978年 - 1982年 L.A.で録音されたアルバム『カリフォルニア・シャワー』の大ヒットによりジャズが幅広い層に支持され、"ナベサダ"ブームが起こる。80年には『渡辺貞夫リサイタル・イン武道館』を開催し3万人余りを動員。多くのヒット曲を生み出し全米へ進出
1983年 - 1996年 1983- レコード会社WEAとの契約を期に、本格的に世界進出を目指す。この間、何度もアルバムが米国音楽誌のチャート上位にランキングされ、世界中に渡辺貞夫の名が認識されることとなり、数多くの海外公演を敢行。85年には"もっとリラックスして音楽を聴ける場を"と、クラブ形式の公演を企画、現在も続行中。以後、数多くのミュージック・クラブが国内で誕生。95年には故郷の中学生達にブラジルの打楽器を使用して、リズム教育を始める
1984年 4月 第1回宇都宮市民栄誉賞 受賞
1986年 2月 昭和60年度(第36回)芸術選奨文部大臣賞 受賞
1988年 ロサンゼルス名誉市民賞 受賞 5月 ロサンゼルス名誉市民賞 受賞
1994年 8月 平成6年度外務大臣表彰 受賞
1995年 1月 平成6年度都民文化栄誉章 受章
9月 バークリー音楽大学 名誉博士号
11月 平成7年度秋 紫綬褒章 受章
1997年 - 2000年 人生観が変わるような経験となったチベットの旅で、演奏することへの新たなる意欲、喜びが生まれる。99年には通算60枚目のリーダー・アルバムを発売。サントリーホールでの「バッハ オルガン スペシャル・コンサート」でピアニスト小林道夫氏の伴奏で正統派クラシックを演奏
2001年 音楽生活50周年記念ツアー〈マイ・ディア・ライフ〉を国内とL.A.で開催2005年日本国際博覧会・政府出展事業の総合監督に就任
2002年 - 2004年 1995年から始めたリズム教育をきっかけに、子供たちとの共演を各方面から要請され、積極的に取り組む。又、長年行ってきた子供たちへのチャリティーも、03年には『キッズ・フォー・バンビーニ』と題したイタリア3都市でのコンサートを始め、『メイク・ア・ウィッシュ・イン・グアム』と海外での活動も多くなる。2004年3月には政府出展事業のメッセージソング『シェア・ザ・ワールド 〜心つないで』を発表
2002年 6月 第1回栃木県民栄誉賞 受賞
2003年 モンブラン国際文化賞2003 受賞 10月 モンブラン国際文化賞2003 受賞
2005年 3月愛知万博『愛・地球博』開幕。政府出展事業催事となる「ジャパンデー・ジャパンウィーク」「地球サウンド」が開催され、自身のプロデュースによる文化・国境を越えた世界の子ども達400人が集う、「リズム、歌、踊りの祭典」が繰り広げられた。日本政府館が連日大人気で内容の評価も高く、無事総合監督の責務を果たす事となる。40年ぶりに再会を果たしたチャーリー・マリアーノと、クリスマス・コンサートで共演
2005年 平成17年度秋 旭日小綬章 受章 11月 平成17年度秋 旭日小綬章 受章
2006年 2枚のライヴ・アルバム「ONE FOR YOU / Sadao&Bona Live」「Sadao&Charlie Again」を発売。3年ぶりにアメリカ・ツアーを敢行し好評を博した直後、初めてミャンマーへ訪れ、現地の子ども達とステージに立つ。12月のクリスマス・コンサート・ツアー「Sadao with The Great Jazz Trio」では、ハンク・ジョーンズと3都市で共演
2007年 3月、長年の夢であった海外の舞台での子供たちとの共演がジャカルタ「ジャワ・ジャズ・フェスティバル」で実現。近年、子供たちとの活動の機会が多くなり、テレビ番組「題名のない音楽会21」(テレビ朝日系列)に出演し反響をよんだ。
8月には30年ぶりに日本人グループとのライヴ・アルバム「Basie's At Night」を発表。今年15回目を迎えたクリスマス・コンサートにはラッセル・フェランテ(p)を招き、彼のアレンジによるチャーリー・パーカーのレパートリーをストリングスと共に13年ぶりに演奏し、好評を博した。全国36都市69公演を数える演奏活動を、本年も精力的に敢行した。
2008年 「サラゴサ万博」では、スペイン、ポルトガル、日本、セネガル、総勢300人から成るコーラス、パーカッションの子供たちと、「世界の人々と心をつなぐ」メッセージを伝える「シェア・ザ・ワールド・コンサート」を再演。夏、日本人グループとしては14年ぶりとなるアメリカ6都市を巡るツアーを行い、そのタイトなサウンドは各地で多くの聴衆を魅了した。
2009年 6年ぶりのスタジオ録音によるニュー・アルバム「INTO TOMORROW」を発表。その新作発表の場となったのは、この年に25周年を迎えた恒例のクラブ・イベント『SADAO’S CLUB』。共演メンバーを迎えての演奏は、世代を超えて、本来持つジャズ音楽の楽しさを伝えるステージとなる。日本・カナダ修好80周年記念として、モントリオール、トロントのジャズ・フェスティバルに日本人グループで出演。
2009年 1月 「第50回毎日芸術賞」音楽部門特別賞を受賞。
2010年 6月、NYのセントラルパークで開催されたジャパン・デー“SHARE THE WORLD”では、米国在任の子ども達70人と共演。日米友好の架け橋となるステージは大きな話題を呼んだ。 8月には南アフリカ・ヨハネスブルグで開催されたジャズ・フェスティバルに、日本人グループで出演。また9月には「INTO TOMORROW」のレコーディング・メンバーと、米国4都市を回るツアーを行う。
2011年 3月に起きた東日本大震災に心を痛め、国内のみならず海外でも義援ライブ等に参加。 4月からは国立音楽大学の招聘教授として、次世代の育成にも力を注ぐ。 この年、音楽活動60周年を迎え、DVD「SADAO WATANABE Orchard Hall Two Nights」、ニュー・アルバム「COME TODAY」を発表。また記念コンサートも5都市で開催される。
2012年 1月、JICAの協力現場視察のためタンザニアとケニアを再訪。 4月、「札幌市芸術文化財団 芸術の森事業部」の芸術・音楽監督に就任。 12月、「渡辺貞夫写真展 MBALI AFRICA」を銀座三越で開催。チャリティ販売された写真の売上金を「あしなが育英会」に寄付。また同時期に開催されたクリスマス公演でも、アフリカをテーマにリチャード・ボナと共演
2013年 5月、25年ぶりのブラジル録音による新譜「OUTRA VEZ 〜ふたたび〜」を発表。6月に横浜で開催されたTICADのイベント「アフリカン・フェア2013」でアフリカをテーマに演奏。また「第2回野口英世アフリカ賞授賞式及び記念晩餐会」では天皇皇后両陛下、アフリカ各国首脳ご臨席の下、福島県立安積黎明高等学校コーラス部と共に「Share the World」を披露。同月、日米混合のカルテットで5年ぶりにNYブルーノートに出演。連日満員の聴衆から大きな喝采を受ける。